先着1名様。

  先週末、加賀百万石の地、金沢へ行ってきました

 

江戸時代から「天下の書府」といわれ、

文豪や芸術家を多く排出した街だけあって、

金沢は学校数も全国3位の文教都市だし、

音楽堂や美術館なども多く、とてもカルチャーな町でした。

また、その穏やかな県民性でどこに行っても

あたたかくもてなしていただきました。

 

 

 

 

旅といえば地元の美味しいもの

この時期、カニが美味しいのは当たり前!

っていうわけで、郷土料理の冶部煮をいただきました

IMG_0557.JPGのサムネール画像

 

鴨に小麦粉をまぶしてあるらしく、とろっとしたおつゆが心も体もあっためてくれました

金沢特産のすだれ麩ももちもちとして、

これだけでもおなかいっぱい

 

 

 

近江町市場や

兼六園を散策したりして

お楽しみの温泉へ

 

9件の旅館からなる

小さくて鄙びた温泉街の中に宿をとり、

無色透明、柔らかなお湯で癒されてきました

・・・ふやけるまで浸かっていたい・・・

 

そういうわけにもいかず家路へ。

 

「やっぱ家の枕がいいよね~」

なんていいながら自分へのお土産にかった

「梅酒」をグラスへ。

 

どこにいっても地酒を買うのがシュミで、

帰宅後に思い出しながら飲むのです。

 

とくとくとく・・・

あれ?なんか匂いが強い・・・

梅の香りにしては???

IMG_0565.JPG

 

←これ、パッと見、梅酒ですよね?

色といい、ラベルにも梅の文字が・・・

お店の人にも「これ16年ものなんですよ」

なんていわれてどきどきしながら購入したのだけど・・・

グラスに注いだものを一口飲んで、

改めて瓶をよぉ~っく見ると

「大古酒」の文字が・・・

そしてVINTAGE1994の下には

多酸性純米大吟醸と・・・

 

 

 

 

さすがにこれ、ワタシには無理でした

自分の持ってる梅酒のイメージで

てっきり梅酒だと思い込んでいました~(^^;

 

大古酒にご興味のある方、

封は切ってますが、いかがですか?

 

先着1名様進呈いたします。

 

 

 

 

 

コメントする

Copyright © 2009 MOTHER TANK. All Rights Reserved.