マザー・テレサ 沖 守弘 写真展

DSC_1670.JPG

先週、銀座柳画廊で開かれていた

【マザー・テレサあふれる愛】 写真展

に行出かけ、

報道写真家 沖守弘氏にお会いしてきました。、

 

 

 

↑ 記念写真に快く応じてくださった沖氏と。

 

 

沖氏は、わたしが「マザータンク」と命名した由来のひとつでもある

マザー・テレサ女史のことを 日本に初めて紹介されたご恩ある方です。

 

どこまでもヒューマンな生き方で、誰よりも行動する女史。

今でこそ、ノーベル平和賞を受賞したのはあまりにも有名なことですが、

氏はその5年も前から密着取材し、日本をはじめ世界に宣揚してこられました。

 

140cmほどの小柄な方。

会場には、実寸大の女史の写真も飾られてありました。

 

この小さな体のどこに、

こんなパワーやエネルギーがあったのかと驚くばかりの私でしたが、

精神の広さ、深さ、大きさは計り知れないなって感じてきました。

 

沖氏は、著書「マザー・テレサ あふれる愛」の中で、

『むしろ‘肝っ玉おっ母ぁ’というにふさわしい。

慈愛あふれるまなざしの奥、その精神のなんと剛殻で

なんと楽天的であることか。

20世紀の聖女はタフでラジカルであった。』

と語っていますが、

まさにわたしの目指す女性像です。

 

マザータンクは、今年の8月で、起業から4年目に入りました

沖氏とお会いできたのも、新たな出発のような気がしてなりません。

 

剛殻で楽天的、しかもしなやかでウィットに富んだ女史の生き方に学び、

みなさまに、ますますマザータンクをお育てていただこうと決意しています。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

コメントする

Copyright © 2009 MOTHER TANK. All Rights Reserved.