ジオパークつくばで、ことりっぷ。「ゐ田」―「平沢遺跡」ー「筑波大池」

 市内なのにまるで「ことりっぷ」

筑波山の麓にあるこだわりのお蕎麦やさん。

いだ.JPGのサムネール画像

これで「いだ」って読むんです。

つくば市筑波552-3 029-850-8082

ナビしないとたどり着けないかもしれません(笑)

そばまえ.JPGのサムネール画像

そば前に出されるお菓子と抹茶。

そばまえ2.JPGのサムネール画像のサムネール画像

これがホントのそば前。

にしんと冷酒

(日本人の粋だねっ!休みだからこそできる贅沢)

 

そしてお待ちかねの鴨そば

かも.JPGのサムネール画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しい食べ方を卓まできて指南してくれた店主と。

店主.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太めの十割そばを5~6本つまんで、まずは50回噛めと。

その間に鴨を1枚づつ焼いてくれるんだけど、

焼き過ぎ禁物と目の前で焼き上げてくれる。

いいころ合いでネギやピーマンといっしょに

「はい、食べる!」

とダシをくぐらせてぱくり。

でもまだ蕎麦を食べることは止められます。

 

陶板焼きの鴨を食べきったら

やっと蕎麦OK。

つゆに鴨のダシが滲みてイイカンジ。

 

そこで満足気に店主は立ち去るんだけど、

「あ、そのニンジンは食べちゃだめよ」とまたまた禁止。

 

半分くらい蕎麦を食べたころ、どこからともなくまた登場して

食べかけの蕎麦をつまんで陶板へ投入!

 

「これがホントの焼き蕎麦なんだよ。

中華やさんのはあれば焼き中華麺だからね」

なるほど。

そこにつゆをかけていただくとこれまたゼッピン。

 

そして残すように命じられたニンジンがここで混ぜられる。

「なんで今ここに入れたかわかる?

これは『色気』なんだな。

男も女も『色気』がなくなったら終わりよ。」

なんて粋なことを話してまたも立ち去る。

 

そんなパフォーマンスも楽しいお蕎麦屋さん。

にこにこしながら撮影、ブログアップともOKしてもらいました。

おおむらさき.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 準絶滅危惧種の「オオムラサキ」にも遭遇できました

 

帰路は、行きと違う道にしてみると

筑波の高床倉庫を発見。「平沢官だ」(「だ」っていう字、出てこない・・・)

平沢1.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

へぇ、こんなとこあったのね。

高床2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平沢2.JPG

 

 

 

 

 

 

日本建築のすばらしさを感じます。

 

そして「筑波大池」

つくばに住んでもう25年くらいになるけど、

はじめて来ました

大池.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はす2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

池はいま、蓮が咲き始めたところ。

夢みるように咲いていますね。

花と実が一緒に成ることで有名な蓮。

泥中からよくぞ・・・

なんか感動ひとしきり。

 

そんなこんなな、ほんの3時間ほどの「ことりっぷ」

つくばって科学の街として有名だけど、

こんなジオパークな街でもあることも

もっともっと知ってほしいな。

 

そんなことを思いながら6月の最終日を閉じます。

 

 

 

 

 

 

 

コメントする

Copyright © 2009 MOTHER TANK. All Rights Reserved.