2009年12月アーカイブ

はじめまして!

 

マザータンクHPにようこそお越しくださいました!

8月に社を立ち上げ、ようやくHPをアップできるようになりました。

まだまだ中身がスカスカですが、これから充実させていきますね♪

 

普通の女性、普通の奥さん、普通のお母さんであるわたしが起業するまでのことは

ご挨拶文に書きましたが、これからもっともっとお伝えしていきたいなって思っています。

 

 

2009年のクリスマス、みなさまはいかがお過ごしでしょうか?

今日は子どもらへのプレゼントを選んだり、仕事で必要なものを探したりの1日でした。

 

納品など力仕事も多い私ですが、歩き回るのは意外に苦手・・・

3時間もうろうろすると疲労が出てきて、「いつものあたしじゃな~い!」みたいな状態(^^;

 

予定を済ませて今夜は豪華にかに鍋です(^^)v

いただきものの立派なかに☆

殻もとってあるスグレモノで、美味しくいただきました♪

(ありがとうございます!D.Iさん)

 

・・・おっと写メとり忘れ。。。(--)

次回からは写真も随時アップしますからご期待くださいね!

 

こんなわたしですが、今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筑波大学附属図書館年報2008 パンフレット
筑波大学附属図書館年報2008
 
パンフレット
 
筑波大学 様
 
筑波大学附属図書館様の初めての年報作成で、表紙および本文のデザインから携わらせていただきました。
第32回JOAセッション パンフレット表紙
第32回JOAセッション
2016年東京オリンピック・パラリンピック招致のレガシー
 
パンフレット
 
NPO法人日本オリンピック・アカデミー 様

A:ご計画の企画にどのような目的をもっておられ、それをどのような方法で、媒体で進められたいかのヒアリングを行います。

  1. 企画の一部分、または推進方法等について助言・アドバイスを行う。
  2. 企画の本質的なことまで全般にわたって助言・アドバイスを行う。
  3. マスタープランの段階から企画の全てにわたってご提案する。この場合コンテンツ制作までの全てを請け負う。

この中で、特に専門性の高いプランニングについても、当社プランナーによる綿密な取材、調査により、企画の主旨に沿った最適なサポートをさせていただきます。これまでなかなか効果が得られなかった、これから新企画を取り組みたい、といった場合もご相談ください。

A: OKです。が、案件がある以上、企画なしということはありえません。キャッチコピーの見せ方、読ませ方、デザインのテイストをどのようなタッチにするのか?、色彩計画は?、画像選択、イラスト選択、チャートによるビジュアル化、撮影方法・・・、またスペック的には用紙選択、加工方法、色校正等様々な要件をクリアしていかねばなりません。それら総てに対し、お客様の意向を反映させます。

『機動力とデザイン』のマザータンク

竹内敦子

たくさんのお客さまから『すばやいね!』『機動力に優れてるね!』というステキな褒め言葉をいただきます。
メール等でのお問い合わせやお見積り、また制作から納品まで、できる限り迅速にご対応させていただくこと、こんな当たり前のことに喜んでいただけることが幸せです。
どうして? それは、わたし自身もそういう風にしてもらえると嬉しいから。

デザインをお気に召していただくのと併せて、対応の速さに感動していただけることが私たちの誇りです。

ちょっと照れますが、【機動力とデザイン】が、マザータンクの卓越性のひとつだと自負しております。

『ダイバーシティ』なマザータンク

マザータンクの仲間は、学生さん、子育て真っ最中のヤングママ、退職されたシニアのおかあさん、シングルでバリバリ仕事をこなすキャリアウーマン、本業を持ちながらも支えてくださるお父さんたちなど、驚くほど多彩なメンバーです。

国籍・性別・年齢・学歴・キャリア・価値観・働き方、そういった全ての差異に、お互い触発され、学びながら進んでいます。

小さな会社の小さな取り組みですが、気づかないうちに【ダイバーシティ】を体現、実践していることも、マザータンクの特徴です。

『トータル・プリンティング・コーディネーター』 マザータンク

恥ずかしながら、つい最近、新聞記事で『トータル・プリンティング・コーディネーター』という言葉に出会いました。
それは20代の男性が、元々務めていた印刷会社から独立、起業という内容だったのですが、
・お客様との親身な打ち合わせ
・企画から参画し、印刷物やホームページ等に仕上げて納品
という、まさにマザータンクのスタンスと同じ内容が紹介されていました。

【トータル・プリンティング・コーディネーター】とは、印刷物やそれに付随する事柄をトータルにコーディネートしていく人や組織といった意味です。
お客様のご要望を丁寧にお聴きし、それにマッチングした技能者や工場などを探し、打ち合わせを重ねながら形に仕上げていきます。

『コンシェルジュのように』、心に寄り添うマザータンクでありたい

実務はもちろんのことですが、それを進める上でのお客様の気持ちのひっかかりや心配事などに【寄り添う】こと、【共感】することも大切にしています。

ホテルなど、コンシェルジュにお世話になった方もたくさんいらっしゃると思いますが、
「あぁ、この人がいてよかった!」といわれる存在を更に目指してまいります。

『30年企業をめざして』ひとりの女性から始まる成長物語

2009年8月、『情熱』と『ワクワク』を胸にスタートしたマザータンクも
今年で7年目を迎えることができました。

これもひとえに、ご支持くださる皆さまと、マザータンクと一緒になって
力を発揮してくださる皆さまの結晶、また賜物だと感じております。
心からお礼を申し上げます。本当にありがとうございます!

専業主婦からパート社員へ、正社員へ、支店長へとスキルアップし、
当初は想定外だった独立を果たし、さぁ!これからますます皆さまのお役に立ちたいという気持ちでいっぱいです。

これまで、たくさんの実績も積ませて頂きました。
企画デザインからはじめるパンフレット等の制作、シンポジウムの運営支援、
ポスターやノベルティの制作、学会誌等の編集、ホームページの制作、封入発送に翻訳、点訳、イラスト作成…
どれも楽しく有意義なお仕事で、いまも常に新鮮な興奮や感動をもって携わらせていただいております。

【ひとりの女性から始まる成長物語】というにはあまりにも小さな存在ではありますが、日本も幸齢(高齢)化社会に向かうにあたり、「もう歳だから…」とか、「無理…」とか そんな言葉は吹っ飛ばしながら進んでまいります。
なにせ【30年企業】になるのですから!

今、年齢の計算をしましたね?
そう、代表の私が70代になっても「マザータンク」は皆さまに貢献し続けることをお誓いいたします。
もちろん、後継も育てて参ります。
体力や外見は若い人には敵いませんが、【生涯青春!】の気概でドンと進みます。

先日、ある方から聞いたお話。
「1・10・100・1000・10000」
保険のCMで、『50・80喜んで!』 というのがありましたが、そういうこと???

実はこれ、『1日に行うといいこと』だそうで、

1回、自分、もしくは他人をほめる
10回、大笑いする
100回、深呼吸する
1000文字、文字を書く
10000歩、歩く

1・10・100はクリア。1000と10000が今できていないかな、といった私です(汗)

30年企業を目指す第1歩のつもりで今日から新たな気持ちで実践していきます。

昨日より今日、今日より明日と、ますます感謝の思いで歩んで参りたいと存じますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

2015.9 吉日
マザータンク 代表 竹内敦子

Copyright © 2009 MOTHER TANK. All Rights Reserved.