2012年11月アーカイブ

        DSCF0251.JPG先日は産総研さまのイチョウの紅葉写真をおおくりしました

今日は、奥久慈 袋田の滝の紅葉をお届けします

いい赤ですね~

 意外と撮影上手でしょ?!

って自己満なワタシ

 

 

 

 

DSCF0253.JPG

 

陽の光や角度によっても様々に変化するもみじ、そして滝。

自然って・・・

なんてすてきなんでしょう

 

 

 

DSCF0264.JPG

DSCF0260.JPG

 

 

 

 

 

 

DSCF0262.JPG

あ~。 ため息が出るほどに

気絶するほどに

圧倒的な紅葉・・・

 

 

 

 

この風景も、そんなに長くは愛でることができずに季節は移ろうのですよね。

・・・なんてちょこりセンチメンタルなわたし

冬はすぐそこ。

年度末もすぐそこ。

 

しっかり準備してまいります!

産総研様

 

昨年作成し、今年版に修正して増刷しました。

来月には産総研の職員・研究員採用案内会で

配布されます。

筑波大学様

 

来年の国際シンポジウム開催に先立ってのプロモーション用に

作成、印刷したものに、微小修正をほどこし、増刷しました。

筑波大学様

 

前年度の資料について、承りました。

表紙はレザックのオークル使用

霊長類センター様

 

11/29のフォーラムに先がけて抄録が完成しました。

ポスターのデザインを流用しています。

   お世話になっているY社長に、

ネスカフェドルチェグストをいただきました~

DSC_1738.JPG

 

事務所移転をお祝いくださるっていうので、

厚かましくもおねだり

 

ちょーかわい~

赤い鳥みたいでしょ

 

ラテやキャラメルマキアートなど

ドリンクバーが事務所でおてがる~

 

 

 

 

 

こんなにステキなプレゼントもいただいたことだし、

お仕事がんばんなくっちゃ

 

今日は納品がいくつかあり、産総研にもうかがったのですが、

毎年のことながらイチョウの黄色が目に鮮やかーーー

DSC_1721.JPG

 

この美しさ、もっと伝えたいのに・・・

 

 

 

 

 

DSC_1723.JPG

 

銀杏って、こんな風になってるって

初めて知りました。

 

 

 

気分よく撮影しましたが、落ちてる実をふんづけちゃった

銀杏臭がしばらく漂う私の周りでした。

筑波大学様

 

BAMIS(たきましい心を育むスポーツ科学イノベーション)の中間報告書を

デザインから印刷まで承り、納品しました。

産総研様

 

ご支給データを整形し、チラシを印刷しました。

筑波技術大学様

 

A4を巻き三折にしたパンフです。

来年度は大きくリニューアルされる予定で、今回は500部を

納品しました。

筑波技術大学様

 

部分的に修正し、増刷いたしました。

これもロングヒットのパンフです。

 実は!! この11月から、事務所を借りています

 

起業から3年間は自宅の片隅を使って事務作業をしていましたが、

9月からは常勤してくれるマザーな仲間もでき、

そのためにも事務所が自宅では。。。

 

っていうわけで、心機一転!

マンションの1室を借りました

 

契約からデスクなどの備品を調達し、そのセッティングなど

あわただしい日々を過ごしています。

 

ほとんどのものは、三郷のIKEAとsupper VIVAで買いそろえ、

クルマに積んで持って帰り、組み立て。

 

あとから気づいたものはつくばのグランステージ山新で。

 

ソファばかりは私のクルマに乗らなかったので

お店の軽トラックをお借りしました

人生初の軽トラ運転姿です~

DSCF0241.JPG

 

どやっ!

この勢いで、お仕事もがんばりまっせ

 (ちなみに片道は鈴木が運転。写真撮り損ねた。。。)

 

 

 

 

正式には改めてご案内いたしますので

どうぞよろしくお願い申し上げます。

㈱クオリティマネジメント様

 

先に納品となったポスターのリーフ版。両面カラー印刷しました。

産総研様

 

シンポジウム発表用のポスター出力のご依頼をいただきました。

pdfデータをご支給いただき出力し、展示用レールを取り付けて

納品しました。

DSC_1670.JPG

先週、銀座柳画廊で開かれていた

【マザー・テレサあふれる愛】 写真展

に行出かけ、

報道写真家 沖守弘氏にお会いしてきました。、

 

 

 

↑ 記念写真に快く応じてくださった沖氏と。

 

 

沖氏は、わたしが「マザータンク」と命名した由来のひとつでもある

マザー・テレサ女史のことを 日本に初めて紹介されたご恩ある方です。

 

どこまでもヒューマンな生き方で、誰よりも行動する女史。

今でこそ、ノーベル平和賞を受賞したのはあまりにも有名なことですが、

氏はその5年も前から密着取材し、日本をはじめ世界に宣揚してこられました。

 

140cmほどの小柄な方。

会場には、実寸大の女史の写真も飾られてありました。

 

この小さな体のどこに、

こんなパワーやエネルギーがあったのかと驚くばかりの私でしたが、

精神の広さ、深さ、大きさは計り知れないなって感じてきました。

 

沖氏は、著書「マザー・テレサ あふれる愛」の中で、

『むしろ‘肝っ玉おっ母ぁ’というにふさわしい。

慈愛あふれるまなざしの奥、その精神のなんと剛殻で

なんと楽天的であることか。

20世紀の聖女はタフでラジカルであった。』

と語っていますが、

まさにわたしの目指す女性像です。

 

マザータンクは、今年の8月で、起業から4年目に入りました

沖氏とお会いできたのも、新たな出発のような気がしてなりません。

 

剛殻で楽天的、しかもしなやかでウィットに富んだ女史の生き方に学び、

みなさまに、ますますマザータンクをお育てていただこうと決意しています。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

㈱クオリティマネジメント様

 

気候変動(農環研)シンポジウムの印刷に関して、㈱クオリティマネジメント様よりご依頼をいただきました。

A2ポスターがまず完成です。

 

Copyright © 2009 MOTHER TANK. All Rights Reserved.